寛大な愛という意味を持つ1月30日の誕生花のムスカリ

1月30日の誕生石はコチラ

 

1月30日の誕生花は、

まるでブルーベリーをたくさん付けたような

可愛らしい花のムスカリです。

 

 

1つの花茎の先に、小さな丸い玉を

幾つも付けているベル形の姿が特徴です。

青紫の色がとても美しく、

一面に多くのムスカリが咲く光景が見事です。

 

英語ではグレープ・ヒアシンスとも呼ばれる

アルメニアカム種になります。

その花言葉は、寛大な愛、通じ合う心等があり、

愛し合うカップルや夫婦にぴったりの花でもあります。

 

1月30日の誕生花としても知られており、

明るい未来を期待できるようにと誕生日に贈る人もいます。

黙っていても通じる意味もあり、喧嘩をしてしまった彼女へそっと贈れば、

喧嘩をしていても仲良くなれる花でもあります。

 

また違った花言葉もあるムスカリは、悲観的なイメージもあります。

失望や失意という意味で、愛する人を傷つけてしまった時には、

彼女からこの花を贈り、自分の失望した想いを伝える事もできます。

 

それでも許してあげたい時には、寛大な愛の印として、

このムスカリを贈ります。

 

色々な意味のある1月30日の誕生花は、

とても丈夫に育てる事もできます。

地中海沿岸から南西アジアに多く咲く事で知られており、

40種類もの種類もあるのが特徴です。

すずらんの様な形の花をたくさん付けているのも、

女性に人気の部分です。

 

健気でいつも優しい彼女に感謝の意味を込めて贈ったり、

家族を愛して育ててくれる母の贈り物にもぴったりな花でもあります。

そういった女性の1月30日の誕生日に贈るプレゼントにもぴったりなムスカリです。



誕生花で花占い♪ 関連記事