1月24日の誕生花であるサフラン

1月24日の誕生石はコチラ

 

1月24日の誕生花として挙げられる

サフランの花言葉は「陽気」「喜び」「歓喜」などが挙げられます。

 

 

短く伸びた新葉の間に淡い紫色の

大きな6弁の花が黄色いおしべと長いめしべをのぞかせて、

1から3輪ほど咲くと言われております。

 

サフランは、西南アジア原産で最初に栽培されたのは

ギリシアであるとされております。

 

アヤメ科の多年草およびめしべを乾燥させた香辛料などとして、

料理の色づけとして生薬などとして用いられてたりしております。

 

名称はアラビア語で「黄色」を意味する

アスファルを語源とする「ザアファラーン」に由来しております。

 

紀元前からヨーロッパでめしべが香料や染料などとして利用されており、

古代ギリシアではサフランの黄色がとても重宝されており、

王族だけが使うことを許可されている

ロイヤルカラーとされた時代もあったと言われております。

日本へは江戸時代に薬として伝わりました。

 

サフランのめしべは独特の香りを持っており、

水に溶かすと鮮やかな黄色となるため、

料理の色づけとしてや風味付けのための更新料として使用されております。

 

代表的な料理にはプロヴァンス地方のブイヤベースや

スペイン料理のパエリアやミラノ風リゾット、モロッコ料理のクスクス、

インド料理のサフランライスなどが挙げられます。

 

生薬としては、鎮静や鎮痛、通経などの作用があるとされております。

着色や風味付けなどの用途で

食事から摂取するていどの量では安全だとされております。



誕生花で花占い♪ 関連記事