1月31日の誕生花はクロッカスです

1月31日の誕生石はコチラ

 

誕生花というものがあります。

誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花のことです。

 

例えば、1月31日の誕生花はクロッカスです。

 

 

クロッカスは、早朝に、伸びかけた

線状の葉の間からつぼみをふくまらせ、

黄色い六弁花が朝の陽ざしを浴びて暖かくなると開き、

夕方になると閉じて、花後に葉が長く伸び茂ります。

 

花の名は、ギリシャ語のcroke(糸)で、

めしべが糸状に長く伸びる種があることから名づけられました。

 

古くから愛されてきたクロッカスには神話や伝説が多くあり、

花の名はギリシャ神話からつけられたという説もあります。

 

花言葉は「裏切らないで」です。

花色の黄色に裏切りのイメージがあることからつけられたと思われます。

中世ヨーロッパでは、虚偽や卑劣、君主に対する

裏切りを象徴する色と考えらえれており、

最後の晩餐などの絵画では、イエスを裏切り銀貨で

ローマ役人と取引したユダは黄色い服を着せられています。

 

クロッカスの花言葉「青春の喜び」は、

つぼみを風船のようにふくらませて咲く花の姿に、

春を待ち望む気持ちと春を謳歌する喜びをあらわしたものだそうです。

 

濃い黄色やクリーム色のクロッカスは早咲き種で、

花が咲き終わった後つぼみが膨らんできて次の花が咲き、

一株で数輪次々と咲きますが、遅れて咲く紫色は一斉に咲きます。

 

品種が多く、原種の趣を残して

1月下旬から3月中旬に咲く寒咲きと、

3月下旬から4月上旬に華やかに咲く大輪の春咲きがあります。



誕生花で花占い♪ 関連記事