パセリは10月8日の誕生花です。

10月8日の誕生石はコチラ

 

パセリと言えば、どういうイメージをお持ちでしょうか。

お弁当や料理のいろどり、付け合わせとしてよく見かけます。

パセリは、夏が終わり秋が深まる10月8日の誕生花とされています。

 

きれいな緑色が鮮やかですが、この時期になると、白い小さな花を咲かせます。

15センチから20センチほどに成長し、日本名では「オランダ芹」とも呼ばれる、芹の仲間です。

古代ローマ時代からよく使われてきた、世界中で有名なハーブの一種です。

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カロチンなどの栄養豊富な緑黄色野菜です。

ビタミンCは1日の必要な摂取量の半分、カロチンは1日に必要な摂取量の30%をとれるという、

とても優秀な野菜です。

また、鉄分も豊富であるため、貧血ぎみの方にもおすすめです。

1本丸々食べるのは、なかなか難しいかもしれませんが、少しずつでも効果がありそうです。

 

花言葉は、「役に立つ知識」です。

ちなみに役に立つ知識として、毎日何かの記念日として制定されていますが、

10月8日は「足袋の日」とされています。

10月8日以降、七五三やお正月、成人式といった着物を着て足袋を履く機会が増えることと、

末広がりの八で縁起がいいということで、この日に制定されました。

 

さて、10月8日の誕生花がパセリとわかりましたが、

実はまだ起源や概念が、国や地域によって、定義がまちまちであることも事実です。

ですが、認知度が上がってきて、話題にのぼることも増えてきました。

花言葉とともに、誕生花を知り、話のたねにもなりそうです。



誕生花で花占い♪ 関連記事