朝鮮あさがおは10月23日誕生花です

10月23日の誕生石はコチラ

 

10月23日の誕生花である朝鮮あさがおは、ナス科キダチチョウセンアサガオ属で、

別名をエンゼルトランペット、ダチュラと言い、南米が原産地になっています。

 

下向きに垂れ下った10センチから15センチほどの白色、黄色、ピンク色、赤色、紫色の花をつけ、

開花時期は6月から11月です。

仏教では、諸仏の出現と説法と同時に現れて、

法悦の印である、天から降りそそぐ、幻想的な白い花であるマンダラケとも呼ばれています。

日本には江戸時代に伝来し、帰化植物として定着しました。

 

朝鮮あさがおは植物自体に毒性が強いアルカロイドを含んでいます。

有毒植物なので、口にしないように注意する必要があります。

 

朝鮮あさがおの花言葉は、陶酔、愛嬌です。

由来は大きな花がいくつもぶらさがる、愛嬌のある様子からきています。

朝鮮あさがおの花言葉は他に、変装、偽りの魅力、あなたを酔わせる、

遠くから私を思って、夢の中などがあります。

 

朝鮮あさがおには以下のような伝説があります。

男の子と女の子が、神々の会議場をうろつき、不思議なものを見たと母に告げたために、

神々の不興をかって植物に変えられてしまいました。

この伝説が転じてこの花を食べると自分のことを何でもしゃべり続けると言われています。

 

また、この花と葉の粉末を、ビールやお酒にわからないように少し混ぜて恋人に飲ませると、

恋人は言いなりになるので、別名妖術師の草と伝えられています。

 

10月23日の誕生花は他に、リンドウ、タマスダレ、アケビ、ルリマツリ、ヒメリンゴなどが知られています。



誕生花で花占い♪ 関連記事