10月13日の誕生花 黄花コスモス

10月13日の誕生石はコチラ

 

10月13日の誕生花は黄花コスモス(学名:Cosmos sulphureus)です。

コスモスと聞くと鮮やかなピンク色の花を思い浮かべる方が多いと思いますが、

この花はその名前の通り黄色の花を咲かせます。

品種改良が進んで濃いオレンジ色や赤色、クリーム色の花も見られます。

”コスモス”と名がついていますが、正確には、一般的なコスモスとは別の種類です。

 

花の咲く時期は6月~10月と長く楽しむことができ、

育てやすいこともあって、プランターやお庭で育てているご家庭も多いです。

種蒔きは4月~7月頃に、日当たりが良く水はけの良い場所に蒔いてください。

水やりも必要ですが、元々乾燥した土壌でも育つことのできる花です。

ですので、水のあげすぎには注意してください。

 

花の背丈は60センチ以上になる品種と、30センチくらいまでの小さめの品種があります。

プランターで育てる場合には「サニー」等小さめの品種、

お庭で育てる場合には「サンライズ」や「ディアボロ」等の背の高い品種が良いでしょう。

 

黄花コスモスは本来多年草なのですが、寒さに弱い花で

気温10度以上の環境でないと育つことができません。

そのため、日本では一年草として扱われています。

 

黄花コスモスは「野生美」「幼い恋心」といった花言葉を持っています。

公園やテーマパークでも育てていることが多く、黄花コスモスが満開になった花畑は圧巻です。

10月13日生まれの方はお誕生日の頃に誕生花を見に行ってはいかがでしょうか。



誕生花で花占い♪ 関連記事