10月18日の誕生花である「つるこけもも」の特徴

10月18日の誕生石はコチラ

 

ネイティブアメリカンが日常生活の中で取り入れていた植物で、

染料や薬用以外にも食用としても長らく重宝してきたのが、

10月18日の誕生花である「つるこけもも」です。

 

ビタミンCやアントシアニン・ポリフェノールなど菌類の増殖を抑止する抗酸化物質を含んでいるため、

現在ではさまざまな用法で世界中の人に愛されています。

また開花時期が初夏であり、10月になれば立派な果実を実らせるので、

10月18日の誕生花として「つるこけもも」は認定された事実があるのです。

 

その一方で「つるこけもも」を贈り物として扱っていくには、

プランターや鉢植えできちんと乾燥した状態で育てることが大事です。

丸みを帯びた赤々とした果実にしていくためには、

寒暖の差をはじめとした温度設定に注意していくことが鍵になるのです。

最近ではハーブなどのアロマ的な効果にも期待が持たれ、

「つるこけもも」を代表とする各種誕生花にも注目が集まっていく状況ができつつあるわけです。

 

それに加えて花言葉にも関心が注がれており、

心痛を徐々に慰めていくといった意味合いが「つるこけもも」には含まれています。

 

このように誕生花についての概要を基礎の基礎から調べていくことを行えば、

日頃見かける花々に対する見方も変わっていくようになるのです。

 

相手へお花を贈るときにちょっとした知識を活用して選んでいけば、

大切に想う気持ちを何倍も多く伝えるようにしていくこともできるわけなのです。



誕生花で花占い♪ 関連記事