10月22日の誕生花「桔梗」

10月22日の誕生石はコチラ

 

10月22日の誕生花である「桔梗(キキョウ)」の花言葉は、

「永遠の愛・誠実・清楚・従順」となっています。

 

花言葉の由来については、キキョウが恋人のために一生涯、

ただ待ち続けた若い娘であったという物語に由来しています。

10月22日以外にも桔梗は、4月23日・6月13日・8月2日・8月28日・9月1日の誕生花でもあります。

 

キキョウの花名の由来については、漢名の桔梗の音読み「キチコウ」が後に

「キキョウ」に変化したといわれています。

古名では「朝顔」と呼ばれ、「万葉集」で秋の七草として詠われた

「朝貌の花」もキキョウであると考えられています。

英語では、つぼみが膨らんだ風船のようなので、「バルーン・フラワー」と呼ばれています。

 

キキョウの開花時期は、6月10日~8月10日頃の、紫または白の美しい花です。

開花直前の丸く膨らんだ状態が特徴的であり、

これは開花前には花びらが、互いのふちでくっついたまま膨れていくために、

つぼみの時は風船のように、ふっくらとして見えます。

 

昔から武士に好まれてきた花で、家紋に取り入れられたり、

江戸城には、「ききょうの間」や「桔梗門」の名前もあります。

 

漢方では、キキョウの太い根を干して、せきや喉の薬にします。

また、この薬用成分の「サポニン」は、昆虫には有毒となり、

昆虫の食害を自らが防御している花となります。

「キキョウサポニン」と呼ばれています。

 

和の気品を感じさせる花色や、端正な花姿をもつ桔梗は、

古くから秋を代表する花とされています。



誕生花で花占い♪ 関連記事