10月30日の誕生花はロベリアです

10月30日の誕生石はコチラ

 

どのような花にも花言葉があり、

贈り物と一緒に気持ちを伝えるメッセージを含んだものとして、

贈ることが多いです。

一つの花にいくつもの花言葉がある場合がありますが、

それだけ多くの人に愛された証拠です。

 

10月30日の誕生花はロベリアで、その花言葉は、謙遜や高貴な女性などです。

謙虚な心を持ち続けられるようなイメージになっています。

この花は春に咲く花であり、色は紫や青、ピンク、白などバリエーションに富んでいます。

草丈が低く、ボリュームのある品種と、

ハンギングやグランドカバーに向いている、地面に這う品種とがあります。

 

キキョウに良く似ている花で、蝶々のようなかわいらしい花をたくさん咲かせます。

南アフリカ原産の一年草です。

ロベリアの花名は、フランドルの医師であり、

植物学者のマティアス・デ・ロベルの名前からとっています。

 

注意するべきことは、日本と外国とでは、花の意味が異なる場合があるということです。

世界共通ではないからです。

こちらが思っている意味が、うまく伝わらない場合がありますので、

十分に調べてから誕生花を贈るべきです。

 

花だけでなく、果物や野菜にも意味があります。

例えば、リンゴは誘惑で、大根は潔白など、

見た目のイメージにも少しに通った意味が付けられています。

こういったことを踏まえて、プレゼントすると、そりいっそう贈り物が味のあるものになります。

 

植物は私たち人間に、不思議なパワーを与えてくれます。

10月30日に生まれた方や、謙虚な心を持ちたい方は、

庭にロベリアをたくさん植え、囲まれながら生活してみると良いです。



誕生花で花占い♪ 関連記事