10月4日の誕生花「ポップ」

10月4日の誕生石はコチラ

 

10月4日の誕生花である「ポップ」の花言葉は、

「希望・信じる心・天真爛漫・軽快・不公平・不正・不法」

などとなっています。

 

アサ科のつる性植物であり、冷涼地を好むので、日本国内ではおもに東北地方と北海道で、

ビール会社との契約栽培で生産されています。

以前は、クワ科に分類されていましたが、葉や種子の形状から、アサ科とされました。

日本名は、「西洋殻花草(セイヨウカラハナソウ」といいます。

 

ポップがビールの醸造に使われ始めたのは、8世紀の後半からとされており、

雌雄異株で、ビールに使われるのは未授精の雌花のみとなります。

ビールの苦み、香り、泡に重要であり、雑菌の繁殖を抑え、ビールの保存性を高める働きがあります。

 

日本で栽培が始まったのは、明治初期となります。

また、古代エジプト時代には、薬用として使用されていました。

現在でも、鎮静・健胃・利尿・安眠などの効果を目的として、ハーブティーとして利用されています。

 

ポップは、10月4日以外にも、10月8日・10月28日などの誕生花となっています。

原産地は、地中海沿岸や西アジアとなります。

花色は黄緑色、花期は7月であり、つるの高さは、7m~12mになります。

また、多年生植物であるために、一度植えられるとその根株は、

10年~30年も抜かずに使用されます。

 

雌株には「毬花」と呼ばれる、松かさに似た花のようなもの(本当の花ではない)をつけ、

この毬花がビールの苦みなどの原料となります。



誕生花で花占い♪ 関連記事