10月5日の誕生花 シュロ

10月5日の誕生石はコチラ

 

10月5日の誕生花はシュロで、花言葉は「勝利」「不変の友情」です。

花言葉の「勝利」は、古代オリンピックで優勝者に

オリーブの冠とシュロの小枝が贈られたことに由来していると言われています。

 

ヤシ科の常緑高木で、主に九州南部に自生する植物ですが、

ヤシ科の中では耐寒性が高いため東北地方でも栽培が可能です。

高さは5~10メートルほどになり、5月~6月にかけて花を咲かせます。

基本は雌雄異株で(雄花と雌花を同時に咲かせる株もあり)、

淡黄色の小花が密集した花穂をつけます。

雄花の方が濃い黄色になり、秋ごろに1cmぐらいの黒い実が房状に生ります。

 

シュロというと、箒を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

箒は、幹の周りにある繊維から作られています。

この繊維は細くて丈夫な上に切れにくく、水にも強いため、

箒以外にも縄やたわし、泡盛の緩衝材などにも使われています。

 

植物性油脂が含まれているため箒で掃くことによって油脂が床に移るので、

天然のワックス効果が得られ、畳だけでなくフローリング掃除にも最適です。

また、家紋や神紋にも使われているシュロから作られた箒は、

「汚れを掃き清める」ものとして縁起物の一面も持っています。

 

民間では、葉を焙じてお茶として飲むと高血圧や脳卒中に効果があると言われています。

皮や根を乾燥させたものは止血剤に、幹は床柱や門柱にと余すことなく使うことができます。

10月5日の他の誕生花には、クコ、ガーリックパイン、ケイトウ、ゴーデティア、

コスモス、チョウセンアサガオなどがあります。



誕生花で花占い♪ 関連記事