10月9日の誕生花、フェンネル

10月9日の誕生石はコチラ

 

10月9日の誕生花はフェンネルです。

その和名はウイキョウ(茴香)と言います。

原産地は南ヨーロッパから西アジアにかけての地中海沿岸ですが、

日本には平安時代に中国から渡来しました。

 

フェンネルはセリ科、ウイキョウ属の多年草です。

その高さは1~2メートルほどにもなります。

全体は明るい黄緑色で、初夏から夏にかけて黄色く小さい花が傘のように集まって咲きます。

秋には5~8ミリほどの長さで灰褐色の種が採れます。

 

葉や種は、魚料理やピクルス、あるいはカレーなどに香辛料として用いられます。

健胃効果のある生薬としても使われており、

ヨーロッパでは最も古くからハーブとして広く栽培されています。

その効用は咳止めや利尿などです。

 

インドでは、フェンネルの種(ヒンディー語ではソーンフ)を、

食後の口直しや口臭消しのために食べる習慣があります。

インド料理店では、フェンネルと氷砂糖が混られたものや、

種を色とりどりの砂糖でコーティングしたものが、

皿に盛られてレジの傍などに置かれていることがあります。

 

10月9日の誕生花であるフェンネルの花言葉は、

「背伸びした恋」「愛情・賞賛に値します」「いかなる讚美もあなたを語りつくせない」

「力量」「精神の強さ」「良い香り」などです。

その花言葉の通り、全体に強く甘い芳香があります。

 

似ている植物として、同じセリ科のディルが挙げられます。

同じく強い香りや味があり、香辛料やハーブとして用いられます。



誕生花で花占い♪ 関連記事