11月10日の誕生花「ふよう」を贈る時に知るべきこと

11月10日の誕生石はコチラ

 

11月10日生まれの友人の誕生日に、誕生花を渡そうとしているのですが、

花には花言葉がそれぞれあるようで、誕生花として「ふよう」は渡しても問題ないのか、

気になり調べてみました。

 

11月10日の誕生花であるふようの花言葉は

しとやかな恋人と花の色が白色で気品ある姿から呼ばれています。

 

ふようの花は朝から夕方まで咲いている姿をみることができますが、

夕方を過ぎると花がしぼんでしまいます。

 

誕生日の贈り物として、ふようの花はしとやかな恋人と繊細の美という花言葉があり、

美しさの象徴でもあるので、女性に贈ると喜ばれるかもしれません。

 

フヨウは道路の隅に咲いていることがあるほど、排気ガスに強く、

都会でも咲いている姿を探すと見つけることができます。

 

フヨウの花は大輪で美しいこともあり、陶磁器などの模様に描かれることが多いです。

誕生花を毎年贈り続けるのもいいのですが、フヨウの花が模様に描かれている陶磁器なども

一緒に誕生日祝いに贈るとサプライズの意味で喜んでもらうこともできます。

 

また、フヨウは樹皮が強いこともあり、下駄の鼻輪や紙の原料などに使われていることがあり、

腫物の治療にも用いられてことがあります。

 

以外に知られていないことなので、そのことを誕生日の贈り相手にフヨウの花を贈る時に、

話していると自分の誕生花について、興味を持たせることができますので、

フヨウの花についてより知るきっかけをプレゼントとして贈ることもできます。



誕生花で花占い♪ 関連記事