11月13日の誕生花であるレモンバーベナ

11月13日の誕生石はコチラ

 

11月13日の誕生花はレモンバーベナです。

レモンバーベナはハーブティーとしても人気があるほど良い香りがする植物で、

白い小さな花をたくさんつけます。

葉にはレモンのような爽やかな香りがあり、バーベナとは神聖な枝という意味があります。

 

先ほど述べたようにハーブティーとして人気があり、

その効能としては解熱や鎮静、消化促進といったものが挙げられます。

従ってこのハーブティーを飲むと気持ちが落ち着き、爽やかな香りに包まれて心と体がリラックスできます。

 

このようにたいへん良い香りがすることから、香水木という別名でも呼ばれており、

精油を抽出して香水の原料にされることもあります。

 

レモンバーベナは小さな鉢植えであれば愛らしい小さな白い花をつけないことがあります。

しかし日当たりの良い広い場所に地植えにすると、花を咲かせやすくなります。

葉の香りは、花が咲いたときに最も良い香りがするため、ぜひ花をつけるように育ててみたいものです。

 

この植物の原産地はアルゼンチンやチリ、ペルーといった南米で、

香水木という別名とともに防臭木とも呼ばれています。

これは防臭効果も期待できるためです。

 

花言葉には忍耐や魅力、魔力や寛大、広い心があり、

11月13日の誕生花であるだけでなく、11月20日の誕生花でもあります。

 

魔力という花言葉は、昔ヨーロッパで、魔女が薬を調合するときに

このような良い香りがする植物を利用していたことにちなんでいると考えられます。



誕生花で花占い♪ 関連記事