11月15日の誕生花は黄金萩

11月15日の誕生石はコチラ

 

11月15日の誕生花は、オレガノやハイビスカス、ヒガンバナ、ポポーなど色々ありますが、

その中でも代表的な誕生花は、黄金萩(オウゴンハギ)です。

 

クラウンヴィッチとも呼ばれ、他にも別名でマルバハギやヤマハギ、ミヤマハギなどと呼ばれることもあります。

黄金萩とは、マメ科のハギ属の植物です。

 

この花は、ヨーロッパを原産地としており、

現在では北アメリカや日本、中近東などに外来種として定着しています。

よく見かける場所は、路面や道路法面などで、花の開花は7月から10月にかけて咲く花です。

 

11月15日の誕生花、黄金萩の花言葉は、謙遜や思いのまま、

成功、望み通りにといった素敵な意味をもっています。

 

この誕生花は、プラスになる言葉が並ぶ、とても素晴らしい運勢なのです。

花言葉の中にある謙遜という意味は、人に対してへりくだることや控えめな態度をとることを表しています。

また、実際よりも自分の能力を低く評価することも謙遜といいます。

特に大人になり、社会に出る時にとても必要なマナーです。

なので、この誕生花の方は、マナーがちゃんと身についているとてもしっかりしている方が多いといえます。

 

それから、成功や望み通りといったプラスの言葉は、何事も挑戦すれば成功することを意味しています。

なので、叶えたいことや思いを思いのまま望み通りになるという素晴らしい運勢です。

自分をかいかぶらない客観性の持ち主なので、とてもいい人といえます。



誕生花で花占い♪ 関連記事