11月19日の誕生花、弟切草の意味深な花言葉とその実像

11月19日の誕生石はコチラ

 

弟切草はオトギリソウ科の多年草であり、

別名を「ヤクシソウ(薬師草)」、「アオグスリ(青薬)」とも呼びます。

日本の各地をはじめ、朝鮮半島や千島列島、サハリンに分布しています。

 

日当たりのよい山野に生え、高さは30~60センチあり、

夏の季節、主に7月~9月に茎頂に数個の黄色五弁の小花を開きますが、

寿命は1日で、日中にしか咲きません。

傷薬としての効能があり、茎葉をもむことで、止血・洗浄・うがい薬、また、関節炎にも用いられます。

 

11月19日の誕生花として知られ、花言葉は「迷信」、「秘密」、「恨み」。

「迷信」に関しては、ヨーロッパでこの植物が魔よけに使われたことに由来します。

花の魔力が強いとされ、イギリスではこの植物をとくに「聖ジョンの草」と呼び、

魔よけや病気をなおす不思議な魔力をもっているとされていました。

 

「秘密」、「恨み」に関しては、日本におけるある伝説から名付けられています。

平安時代、薬草を使って鷹の傷を治すことで有名な鷹匠がいましたが、

その薬草の名前を決して口外することはありませんでした。

しかしある日のこと、人のよい弟がその薬草の名を他人に話してしまい、

これを知った兄は怒り、弟を切り殺してしまったのです。

そのとき、庭に栽培していた薬草に弟の血潮が飛び散り、弟切草の名がつきました。

 

弟切草の葉や花びらの裏には黒い斑点がありますが、

切られた弟の血しぶきが黒点(油点)として残ったといわれています。

 

このように弟切草は花言葉に由来する伝説からネガティブなイメージをもってしまいがちですが、

高い薬効、1日で寿命を終えるそのはかなさなど、

花の持つ別の側面も注意深く見極めることでその奥深さを知ることができます。



誕生花で花占い♪ 関連記事