11月20日の誕生花アンチューサ

11月20日の誕生石はコチラ

 

アンチューサとは、ムラサキ科アンクサ族の青・青紫・薄紫色の筒状の花を咲かす植物で

アンチューサという名前だけでなく、アルカネット、アフリカワスレナグサ、ウシノシタクサという名称もあります。

また、この花はごくまれではありますが、白い花を咲かす場合もあります。

 

アンチューサという言葉はギリシャ語で「化粧品」「紅」という意味を持ち、

化粧品に使われる染料として用いられていたことが由来しています。

また、ウシノシタクサという名前は葉の形が牛の舌に似ていて、

葉の感触がざらざらしていることが由来しています。

 

この花は4月から7月にかけて咲き、ヨーロッパから西アジアにかけて生息しています。

育てる際には、日当たりの良い場所で、暑い場所や湿った環境が苦手で、

乾燥している土(特にアルカリ土壌)を好むのでそこに注意して育てる必要があります。

 

また、このようにやせている土を好むので、育てる際に肥料があまり必要ないのも魅力的です。

また、湿りすぎていると花がだめになってしまうので、

水をやる際には土の表面が乾燥しているのを確認してから水やりをする必要があります。

寒さにも耐性があり、関東より西くらいの暖かい環境であれば日本国内でも冬を越えて育てることが出来ます。

 

この花は蜜がよくとれる植物であり、ハチも好んでこの花に集まるので、養蜂家にも重宝されています。

このアンチューサは4月24日、11月20日、2月9日の誕生花であり、

この花言葉には、「あなたが信じられない」「真実」「真実の愛」「偽り」「大切な思い出」といったものがあります。



誕生花で花占い♪ 関連記事