11月21日生まれの誕生花である桃葉桔梗

11月21日の誕生石はコチラ

 

フラワーショップで家に飾る花を探している時に、和の雰囲気を味わうことができる、

桃葉桔梗を見つけ、購入したのですが、

桃葉桔梗にはどのような花言葉があるのか、気になり調べてみました。

 

桃葉桔梗には、感謝、誠実、節操という意味があり、

フラワーショップでは、カンパニュラとも呼ばれていることもあります。

 

桃葉桔梗は11月21日生まれの方の誕生花でもあり、

感謝、誠実、節操と花言葉も相手に贈る時に喜んでもらえるものです。

また、花の形が鐘の形に見えることもあり、協会の鐘になぞらえられて、

協会の教えにちなむといわれることがあります。

カンパニュラは和名では、花の咲いている様子から、風鈴草ともいわれています。

 

桃葉桔梗はヨーロッパや北アフリカ、西アジアが原産で、

古くから観賞用に栽培されたのが日本に渡来したもので、空色の花を咲かせています。

ただ、薄い花びらが透けて涼しげですが、花なので咲いている期間は短くすぐに散りだします。

桃葉桔梗には花色が明るいものが多く、八分咲きの品種もあるので、

フラワーショップで鑑賞して楽しむのも手です。

 

桃葉桔梗の様々な品種を楽しむために、家の庭などに種をまいて栽培する方法がありますが、

桃葉桔梗は2年越しで咲く花なので、花が咲くまでに種をまいたことを忘れずに管理し続ける必要があります。

種をまく適切な時期があり、種をまく時期が遅れると花が咲かないこともあるため、

花を観賞できるように時期は忘れないようにしたほうがいいです。



誕生花で花占い♪ 関連記事