11月24日の誕生花「がまずみ」

11月24日の誕生石はコチラ

 

「がまずみ」は、11月24日の誕生花です。

花言葉は「結合」です。

 

初夏には白い小さな花を咲かせます。

また、食用にすることも出来ます。

がまずみのルビーのような可愛らしい赤い実は、果実酒の材料ともなります。

 

花言葉は「結合」の他にもう一つあります。

それが「無視したら許さない」というものです。

 

北海道から九州にかけて、日本全国の日当たりの良い山野に広く自生しているスイカズラ科の植物です。

様々な方言で呼ばれており、その数は確認することが出来ているだけでも200を超えるとされています。

高さは2~3mと比較的低木です。

花の時期は地域にもよりますが、5~6月です。

また、9~11月の秋には赤い実をつけます。

霜に当たると、甘さが増すことから、小鳥の好物でもあります。

 

赤い実は人が食することにより、天然のクエン酸であるリンゴ酸を多く含んでいることから、

疲労回復や利尿効果を期待することが出来ます。

 

栽培する場合は、実生、接ぎ木で増やしていきます。

植え付けは、落葉後極寒期を除いて、春までの間に行われます。

栽培する場所としては、日当たりと排水の良いところが好ましいです。

腐植質に富んだ場所を好みます。

寒さには強いため、北海道でも栽培は可能です。

 

白く小さな花は、他にはない独特の強い香りがあります。

この香りについては、好みが分かれるところです。

がまずみの仲間としては、いくつかの種類がありますが、葉の幅や柄の長さで区別されます。



誕生花で花占い♪ 関連記事