12月1日の誕生花、よもぎ菊

12月1日の誕生石はコチラ

 

よもぎ菊とは、

英名Tansy

キク科ヨモギギク属

学名Tanacetum vulgare

別名ヨモギキク(蓬菊)といわれています。

12月1日以外にも、7月27日・8月12日・11月7日が誕生花になっています。

 

開花時期は7-10月。

原産地はヨーロッパからシベリア、日本には明治時代に渡来しました。

花言葉は、あなたに挑む・敵意ある思い・婦人の美徳・抵抗です。

キク科植物は世界に20000種、日本の自生種でも400種ほどあるといわれています。

 

菊先に丸くて平べったい黄色の花をたくさん咲かせます。

舌状花のないところがよもぎ(蓬)に似ているいことからよもぎきく(蓬菊)の名前がつけられました。

葉は細かい切れ込みがあり、互い違いに生えます。

 

花の色は黄色、大きさ・高さは1~2mです。

強い香りを持つ植物です。

古来から、薬草として使用されてきました。

西洋では台所の入り口に植えられており、主にアリを主にする虫除けとして幅広く使用されてきました。

少量をプディングやオムレツの風味付けにも使用されています。

より毒性の強い花としていわれています。

そして、全体的に毒性を持つ成分が含まれています。

 

古来より、よもぎ菊の毒を利用して、西洋では堕胎薬と用いられてきました。

ですが、よもぎ菊の持つ強い毒性の故、現在は堕胎薬として使用するには非常に危険であり、

ほとんど使われていません。

 

強い香りを持つ植物ですので、現在は芳香剤として使われています。

ハーブが有名です。



誕生花で花占い♪ 関連記事