12月18日の誕生花、チェリーセージ

12月18日の誕生石はコチラ

 

12月18日の誕生花は、チェリーセージというシソ科の半常緑低木です。

原産地はアメリカ南部・メキシコです。

その花言葉は「燃える思い」「知恵」「尊重」です。

 

「チェリーセージ」は、サルビア属のサルビア・グレッギー、

サルビア・ミクロフィラ、サルビア・ヤメンシス等、数種類の植物の総称です。

そのため、花の色は赤やピンク、白など様々です。

 

花は筒のように伸び、先が二つに分かれた唇のような形をしています。

種類によっては赤と白のツートンカラーの花が咲くものや、

斑入りの葉を持つチェリーセージもあります。

 

その名の通り葉がサクランボに似た甘い香りを持っており、ハーブとして用いられます。

その匂いにはアブラムシ避けの効果があり、

植えた場所の周辺の植物にもアブラムシが付きにくくなります。

 

花が咲いている時期は5月から11月頃までと大変長く、ナチュラルガーデンに用いられることの多い花です。

背丈は1m位まで成長し、ボリュームたっぷりに大きく茂ります。

野草のような雰囲気があり、茎の先端に咲く花は小さく控えめです。

 

チェリーセージは日当たりを好み、室内では光量が不足してしまうため、基本的には野外で育てます。

特に手入れの必要もなく、乾燥や寒さにも強いため、ガーデニング初心者でも育てやすい植物です。

非常に大きく育つため、鉢植えよりも地植えが推奨されています。

地植えした場合は降雨だけで水分をまかなえるため、水やりは不要です。

増やしたい時は差し芽をします。



誕生花で花占い♪ 関連記事