12月21日の誕生花はペパーミント

12月21日の誕生石はコチラ

 

12月21日の誕生花はペパーミントです。

ペパーミントはシソ科ハッカ属の多年草で、原産地はヨーロッパ大陸です。

 

この草の特徴は独特のメントール臭で、匂うと強い清涼感を感じます。

ハーブとして食べ物や香料などにも利用されており、ハーブティーやキャンディーなどに使用されています。

モロッコやチュニジアなど北アフリカのイスラム圏では、

ミントをたくさんいれたお茶を飲むのが習慣となっており使用されています。

 

また食べるだけでなく、化粧品や洗剤など幅広く使用されているのが特徴となっています。

ペパーミントはアロマテラピーで頻繁に使用され、

気分をリフレッシュさせたり落ち着かせるなどといった効能があります。

 

その他皮膚炎やニキビ、喘息や鼻づまりなどといった症状にも良く、

民間療法として使用されることもあります。

 

ペパーミントは丈夫なので、一人暮らしでもプランターなどで育てることができます。

春から初夏にかけて植え付けておき、日当たりの良い場所に置いておきます。

生命力が強いので、他の植物などとは分けて育てるのが適していると言えます。

色々な料理の調味料としても使用することが出来るため、家には置いておきたいハーブの1つとなっています。

 

ペパーミントの花言葉は、「心の暖かさ」や「真心」です。

12月21日の誕生花ですので誕生日はもちろん、

日頃の感謝のためのちょっとしたプレゼントにピッタリのハーブとなっています。

鉢植えなどで販売されているので、購入しやすいところも魅力です。



誕生花で花占い♪ 関連記事