12月24日の誕生花である宿木

12月24日の誕生石はコチラ

 

12月24日の誕生花は宿木です。

宿木とは高さ1メートルほどの常緑低木で、

落葉広葉樹といった他の木に寄生するためこのように名づけられています。

 

さくらなどの木の枝に、丸いボールのような植物がひっかかっているのを見たことがないでしょうか。

この丸いボールのような植物が宿木です。

冬によく見かけることができ、その果実を食べた鳥やその他の動物によって他の枝へと運ばれます。

 

ヨーロッパではクリスマスに装飾用としてこの植物が使用されることから、

クリスマスイブの誕生花となりました。

 

日本では北海道から九州まで幅広く分布し、この果実を食べる様々な動物によって

その種子が多くの場所に運ばれています。

 

花言葉には忍耐や制服、困難に打ち勝つというものがありますが、

このような花言葉とは裏腹にヨーロッパでは宿木を用いた変った風習があります。

その風習とは、クリスマスに宿木の下にいる男女はキスをしても良いというものです。

 

この風習をもう少し正確に説明すると、この植物の下で男女が出会い、

男性が女性にキスをせまった場合、女性はキスを拒むことができないというものです。

クリスマスソングとして大人気の、米国有名女性歌手による歌の中にもこの様子を表している歌詞が出てきます。

従ってこの習慣は、欧米諸国の人々の生活に深く根付いていることが想像できます。

 

12月24日の誕生花にはこの他にも、クリスマスローズやモミ、ヒイラギなどがありますが、

どれもクリスマスに関連した植物であることがわかります。



誕生花で花占い♪ 関連記事