12月26日の誕生花クリスマスローズ

12月26日の誕生石はコチラ

 

誕生花というのは、1日ごとに定められています。

花というイメージからは、愛らしさや淑やかさなど花特有の印象を想像しますが、

季節によっては自然の力強さを表した誕生花も多いのです。

 

例えば、12月26日生まれの人の花はクリスマスローズです。

花の名前からは、優雅なイメージが浮かびますが、12月という季節に似つかわしくない粗野な感じも受けます。

 

クリスマスローズの花そのものは可愛らしいのですが、多年草として荒地にも咲く植物です。

園芸愛好家の間では、手間いらずの植物として定着しています。

 

12月という、あまり花に縁のない季節としては、

一つの株に多くの花を咲かせるこの植物は自然の世界の女王的な存在でもあります。

 

キンポウゲ科のこの植物は、元々が野生種で、東ヨーロッパを中心に自生していました。

観賞用となったのは、20世紀の初めに、イギリスで品種改良されたのが始まりとされています。

現在では、ピンク、紫、薄緑などの花を咲かせますが、野生種の特性は違ったものがあります。

原産地の生育環境に適応したため、高温多湿が苦手で、梅雨の時期から夏場は半休眠状態となります。

そのため、夏場は日陰の状態を作ってやることが望ましい植物でもあります。

 

そして、秋から春に日差しの良い場所におくことで、新しい葉を伸ばすのに適した条件を作るのです。

この新芽が芽吹く時期の前には、古い葉を成敗することも、新しい季節の花のために必要です。

クリスマスの季節に、美しいクリスマスローズを迎えたいのであれば、丁寧な世話も大切です。



誕生花で花占い♪ 関連記事