12月31日生まれの人の誕生花のコニファー

12月31日の誕生石はコチラ

 

コニファーは、12月31日生まれの人の誕生花とされています。

誕生花ですが、コニファーという特定の植物が存在しているわけではありません。

コニファーとは、小ぶりの常緑針葉樹の総称なのです。

つまり、コニファーには数多くの種類があり、

そのいずれもが、12月31日の誕生花とされているわけです。

 

具体的には、上方向へと成長していくゴールドクレストやブルーヘブン、

横方向へと成長していくセイブロックゴールドやマザーローデ、

丸く膨らむように成長していくラインゴールドやローズダリスなどがあります。

それぞれ全体の形も葉の形も、大きく異なっています。

 

また色合いも豊富で、ゴールドクレストやラインゴールドなどは、文字通り金色に近い輝きを持っています。

ブルーヘブンやムーングロウなどは、青みがかった銀色をしています。

この他にも、爽やかな黄緑色のものや濃い緑色のものもありますし、

葉の先端へいくにつれて黄緑色から金色、濃い緑色から銀色などに変化していくものもあります。

 

このように、種類が豊富なので選ぶ楽しみがありますし、また常緑樹なので色合いを1年中楽しめることから、

コニファーはガーデニングでよく使われています。

暑さにも寒さにも比較的強く、育てやすいという点も特徴のひとつです。

色や状態が変化しない点から、永遠や不変といった花言葉がつけられています。

 

先述したように12月31日生まれの人の誕生花なので、誕生日プレゼントにされることもありますし、

永遠の気持ちを相手に示すためのプレゼントとして贈られたり、

永遠の愛を誓い合う結婚式場に飾られたりすることも多いです。



誕生花で花占い♪ 関連記事