2月12日の誕生花はきつねのまご

2月12日の誕生石はコチラ

 

2月12日の誕生花はきつねのまごとなっています。

 

このきつねのまごの花言葉は、華麗な美しさとなっています。

このきつねのまごは一年草となっており、

本州から九州の野原や道端に生えてる草です。

茎はまばらに枝分かれし、葉とともに短い毛が生えているのが特徴です。

多くは熱帯産となっており、園芸植物も多く、

栽培には温室が必要なものとなっています。

 

また一部に味覚修飾作用のあるトリテルペン系配糖体、

ストロジンを含むものもあり、この物質は、

無味を甘味に変える作用があることから注目されています。

 

この誕生花には、国や文化によって、同じ誕生日でもさまざまな見解があり、

必ず誕生花が同じといったことはありません。

また日本国内でもその由来や誕生花はまちまちとなっており、

一律化されていないのが現状となっています。

また誰が決めたのかについても明確なものがないとされています。

 

この由来はギリシアローマの神話時代にさかのぼったものです。

当時は、花や木々は神秘的な力や神からの

メッセージを宿すものと考えられていたことから、

日々、神が司るものとして大切にされてきました。

その神と花を結び合わせて暦にしたのが誕生花となっています。

 

自分の誕生日の花は守護神のように、自分を守り、

幸福や愛、富をもたらしてくれるものとして多くの方に信じられています。

これは、ギリシアローマの神話時代から現代まで語り継がれており、

世界各国に信者が多くいるものとなっています。



誕生花で花占い♪ 関連記事