2月13日の誕生花のパンパスグラス

2月13日の誕生石はコチラ

 

2月13日の誕生花は、「パンパスグラス」です。

 

イネ科の多年草で、南アメリカの草原

パンパに生育する草だから「パンパスグラス」と呼ばれます。

 

日本では、穂が日の光を浴びて白く輝く様子から、

「白銀葦(しろがねよし)」とも呼ばれます。

 

ススキの穂を巨大化させたようなふわふわの大きな穂は、

とにかくダイナミックで、草丈は2メートル以上もあるので、

店舗や街路のディスプレイに使うと見事です。

 

そんなパンパスグラスの花言葉は「辛抱強い」です。

2月生まれの人はエネルギッシュです。

常識の範囲内でなら、刺激的なことを何でも歓迎します。

刺激を求める一方、自分がスポットライトを浴びるのも大好き。

実際、とことんめだとうとする人が多いようです。

たとえ人前でめだとうとしない人でも、家族や仲間内では

誰よりも注目されていたいのです。

感情をはっきりあらわして、うれしいにつけ悲しいにつけ

他人と気持を分かちあおうとします。

 

気まぐれで、秘密や自分の考えを隠しとおすことができないです。

正直で、感情的にもあけっぴろげなため、

多くの問題を引き起こしますが、とくに恋愛をめぐるトラブルが多いようです。

 

不幸をじっと耐えるあなたは、哀しい演歌の主人公です。

いいえ、もっと明るく辛抱ができる人です。

今日の苦労は、明日の幸福につながると信じているから、

がんばりがきく、生まれもっての楽天家なのです。

 

あなたといっしょになった人は幸せです。

きっといつか、大きな花を咲かせることができます。



誕生花で花占い♪ 関連記事