2月18日の誕生花は「バターカップ」

2月18日の誕生石はコチラ

 

1年365日(うるう年は366日)には

それぞれ誕生花が割り振られています。

誕生花は季節や気候を表すだけでなく、

その日に誕生した人の人生や性格に

反映しているという言い伝えもあります。

 

2月18日生まれの方の誕生花は英名で「バターカップ」です。

 

和名では「キンポウゲ(金鳳花)」

また別名「ウマノアシガタ(馬の足形)」とも呼ばれています。

 

多年草で40~60cmほどの背丈の茎に

黄色く比較的小柄な花をつけるところが特徴的です。

日本をはじめとした中国や韓国などのアジア圏で多く見られ、

道端や土手など日当たりのよいところに咲くため、

名前を知らなかったとしても比較的身近で

見たことのある方が多い花です。

 

また、近似種も多いため、全世界的にみると

約1500種類ほどキンポウゲ科の花々はあると言われています。

 

バターカップという名前の由来は見た目からも見て取れるように、

黄色く小さい花弁がバターを連想させるところからきています。

あわせて、別名ともなっている「ウマノアシガタ」という名前の由来は

根元近くの葉っぱがまさに馬の蹄の形に似ていることに由来しています。

 

また、「ウマノアシガタ」は八重咲きのバターカップを主に指し、

一重咲き、半八重咲きのものと種類も分かれます。

 

バターカップの花言葉で最も親しまれているのが「栄誉」です。

そのほかにも「光栄」「こどもっぽさ」「無邪気」「到来する幸福」

「贅沢」「自尊心」なども花言葉として含まれています。



誕生花で花占い♪ 関連記事