2月2日の誕生花は「ぼけ」です。

2月2日の誕生石はコチラ

 

生まれた月日にちなんだ花のことを誕生花といいます。

 

そして、2月2日の誕生花は

木瓜と書いて「ぼけ」という植物です。

 

 

 

ぼけという名前は聞きなれないですが、

バラ科ボケ属で落葉低木の植物で、

花は3、4月に咲き、紅や白、ピンクなどの

鮮やかな色合いが特徴です。

そのため、200品種以上が観賞用として栽培されているそうです。

種類によっては11月の終わり頃に咲く花もいるそうです。

 

また、バラ科でカリンの仲間であるため実は、

果実酒や漢方薬の原料としても使用されています。

実の大きさはすももくらいあり、日の当たっているところは赤くなり、

当たっていないところは緑色のままです。

 

果実酒としては梅酒と同じようにホワイトリカーと氷砂糖でつけ、

4ヶ月から5ヶ月後にこして、ボケ酒として保存すると美味しく出来るそうです。

このお酒は低血圧や疲労回復などに効くとされています。

 

花言葉は「先駆者」「指導者」「妖精の輝き」「平凡」など様々あります。

名前の由来は、ぼけの実は瓜に似ており木になるため、

木瓜(もけ)と呼ばれていたものが訛って

「ぼけ」に転訛した言われています。

 

これは中国から平安時代に日本に渡来されたときからの由来です。

近年の由来では、寒くて他の花が咲かないような

11月の終わり頃からも咲くということから呆けている花

という意味で「ぼけ」になったとも言われています。

 

また、子供のいない夫婦が修験者の老人から貰った

木瓜の実を食べると子宝に恵まれた。

という話が群馬県の冠稲荷に伝わっており、

子宝、長寿のご利益があるとされています。



誕生花で花占い♪ 関連記事