2月9日の誕生花のマートル

2月9日の誕生石はコチラ

 

梅雨の頃、つやつやとよく茂った葉のわきに、

糸のような細いおしべが美しい5弁の白い花が次々に咲き、

花後に結んだ小さな果実は、晩秋に黒紫色に熟したら食べられます。

 

2月9日の誕生花は、愛の女神に捧げる花、ギンバイカです。

花の名は、白い花がウメの花に似ているところから

ギンバイカと名づけています。

 

美しく香りのある清楚な花は、ヨーロッパでは古くから愛されていて、

神聖な愛の象徴とされ、結婚式の飾り花やブーケに利用されているそうです。

 

花言葉「愛のささやき」は、ここからきています。

ギリシャ神話にもいくつかのお話がありますが、

アダムとイヴが楽園を追放されたとき、神様に許されて

楽園から持ち出した三つのものの一つが、香料の王のギンバイカだったそうです。

 

花言葉「高貴な美しさ」は、美と愛の女神アフロディーテの神木とされる、

おしべがたくさんついた愛らしい花につけられたのです。

 

花よりも葉と実に芳香があり、ハーブとして利用するときは、

マートルと呼ばれています。

 

夏の終わりごろ、純白の梅のような花を枝いっぱいに咲かせます。

たくさんのおしべは金色に輝き、甘い香りを放ちます。

古代エジプトでは、愛と美の女神に、この木が捧げられます。

 

古代ギリシャでは、美の女神ヴィーナスの神木です。

美しい花と香りは女神をも魅了したことになります。

ハーブとしても利用価値の高い植物で、葉は肉料理の風味づけに、

実はスパイスとして使われます。

フランスでは、バラのブーケにひと枝のマートルを添えたりするそうです.



誕生花で花占い♪ 関連記事