3月13日生まれの人の誕生花であるヘメロカリス

3月13日の誕生石はコチラ

 

ヘメロカリスは、3月13日生まれの人の誕生花です。

誕生花とは、生まれた月日にちなんで設定された花のことで、

それぞれに様々な意味を持つ花言葉が設定されています。

国によって定められた花が違うため、

一つの誕生日に複数の誕生花が存在する場合があります。

 

3月13日生まれの人の場合は、ヘメロカリスの他にも

黄色のチューリップ・白のフリージア・甘草・アネモネ・カルセオラリア・

たんぽぽ・イカリソウ・アルストロメリアなどが誕生花として認識されています。

 

ここでは、ヘメロカリスにクローズアップして

その花言葉や特徴について詳しく解説していきます。

 

ヘメロカリスは、ワスレグサ属に分類される植物の一つです。

同じ仲間にユウスゲやニッコウキスゲなどがあります。

別名として、デイリーリリー・スイートウッドなどの名称も持ちます。

美しい花を咲かせることから、園芸用の花として盛んに用いられています。

 

葉や花などは山菜として食用にすることも可能です。

温帯アジアやヨーロッパを中心として栽培が行われています。

日本でも栽培を行うことができます。

花の最盛期は6月から7月となっており、百合のような形の黄色い花を咲かせます。

 

ヘメロカリスの花言葉としては様々なものがあり、

再生や媚態、憂いを忘れる、悲しみを忘れる、とりとめない空想、

改革、微笑、順応性などが挙げられます。

ロマンチストで創造性に溢れると言われている

3月13日生まれの人にぴったりの花と言えます。



誕生花で花占い♪ 関連記事