3月17日の誕生花君子蘭

3月17日の誕生石はコチラ

 

3月17日の誕生花として君子蘭という花があります。

 

そこで、この花についての紹介をしていきます。

 

君子蘭は南アフリカに生息している樹林原産多年草であり、

日本に伝わってきたのは明治時代以降です。

花の名前に蘭が使用されていますが、

実はランの一種ではなくヒガンバナの一種となっています。

名前の由来は、クリビアと呼ばれる属名が

イギリスの高貴な侯爵夫人が関係しているとされています。

 

この君子蘭が咲く時期は1月~4月と言われており、

3月17日頃が花が最も輝く時期でもあります。

誕生花としても知られるこの花の意味は、

高貴・貴い・幸せを呼ぶなどといった

気品にあふれている意味合いが強いのが特徴です。

 

色は鮮やかな橙色が多く、花言葉にぴったりな表現を持つ花です。

またその花の色から、アジアンテイスト風な家の鉢植えとしても人気があります。

しかし暑さにはあまり強くありませんので、

直射日光を避けるなどの工夫が必要になりますので、

日なたより日陰において育成を楽しむのが良いでしょう。

水のやりすぎにも注意が必要で、大体3日に1回あげるのが良いです。

 

君子蘭は高貴や幸せを呼ぶなどの意味がある誕生花として人気があります。

ですが暑さや日光に弱いなどの特性も持っていますので、

もし自分で育てる場合には大切に育てる必要がある花です。

 

また女性へのプレゼントとしても人気がありますので、

男性・女性問わずに幅広い世代に愛されている花としても知られています。



誕生花で花占い♪ 関連記事