3月20日の誕生花、チューリップ

3月20日の誕生石はコチラ

 

3月20日生まれの方の誕生花は、

チューリップだと言われています。

 

 

チューリップには、赤や黄色、白や桃色、

橙色や紫、黒や緑などがありますが、

3月20日の誕生花は紫のチューリップだとされています。

 

全体的な花言葉には、思いやりや博愛、名声、

恋の宣言などがあります。

 

チューリップは、ユリ科のチューリップ属の植物で、

主に中央アジアやトルコのアナトリア地方、

北アフリカなどが原産地だと言われています。

トルコ国内の宮殿やモスクなどに貼られたタイルにも描かれております。

 

オランダでも生産が有名ですが、16世紀頃に

トルコからオランダに伝わったと言われています。

日本での生産は富山県や新潟県で栽培がおこなわれているようです。

遡ること江戸時代後期に伝来したと言われていますが、

本格的な球根栽培が始まったのは大正時代に入ってからだと言われています。

 

新潟地域の栽培農家では、日本で発祥の地だとも言われおり、

道の駅花夢里にいつには記念碑が建てられているようです。

また、1963年には新潟県の県花にも指定されています。

 

球根植物で寒さに強く気温が暑いと葉が枯れて休眠すると言われています。

草丈はおよそ10から60センチメートルほど、

花径はおよそ5から10センチメートルほどになります。

 

花言葉には、永遠の愛情や思いやり、

本当の愛情や不滅の愛という意味があると言われています。

春を代表とする球根草で100種類以上もの原種があると言われているように、

花の色が豊富で鮮やかなで愛らしい花を咲かせます。



誕生花で花占い♪ 関連記事