3月26日の誕生花―日本桜草

3月26日の誕生石はコチラ

 

3月26日の誕生花はいくつか種類があるようですが、

その一つに日本桜草(サクラソウ)が挙げられます。

 

 

白や桃、紫、複色など、幅広い色の種類があり、

小ぶりで桜の花のような見た目の、可愛らしい多年草です。

 

本州、九州、北海道など日本の幅広い地域に群生しており、

比較的親しみやすい花の一つで、シベリアや中国、

朝鮮半島などにも同種の花が見られるようです。

 

花言葉にも諸説あり、「初恋」や「あこがれ」といった、

恋を連想させる甘やかなものもあれば、

咲く時期が4~5月と早春で、また咲く期間が短いことから、

「青春の喜びと哀しみ」「青春の始まりと苦しみ」「若さゆえの苦悩」など、

早熟と悲哀を感じる、刹那の儚さに包まれた意味もあります。

紅に近い色は「顧みられない美」、白に近い色は「初恋」「純潔」など、

花の色によっても微妙に意味合いは違ってくるようです。

 

3月26日の誕生花としては他に、

枝垂れ桜、シュンラン、スイートピー、マリーゴールド、

スノーフレーク、バラなども取り上げられており、

花言葉は日本桜草と同じく、

恋に対する純粋さ・一途さ・気高さなどを現わす意味もあれば、

嫉妬・別離・悲哀など、哀しく切ない想いも内包した、

儚げな印象を持つものが多いです。

 

この日の誕生花に共通しているポイントとして、

白や桃など、清らかで淡い色味を持つ花が多いと感じます。

花の印象と花言葉には、通じるものがあるように思えてなりません。

 

春の始まりを知らせる花々に込められているのは、未来への期待と不安。

その姿は私たちの背中をそっと押して、

華の時代へと飛び込んでいく勇気をくれるようですね。



誕生花で花占い♪ 関連記事