3月3日の誕生花はしろつめ草

3月3日の誕生石はコチラ

 

誕生花は一年のどの日にも存在し、

花の名前がそれぞれ決められています。

花言葉と同様に、国や地域によって内容はまちまちです。

 

さて、3月3日の誕生花はしろつめ草です。

 

花言葉は「柔和」「幸運」「約束」「私を想って」「復讐」「堅実」。

統一感がないようにも思えますが、これにはちゃんと理由がありました。

 

しろつめ草の別名はクローバーです。

クローバーといえば、やはり「幸運」の象徴として有名です。

特に四つ葉のクローバのことを指します。

 

戦場で負傷した騎士が、美しい女性に手当を受けて命を救われて、

その御礼に女性に贈ったのが、偶然にも四つ葉のクローバーだった

という逸話が由来と言われています。

 

他にも、ヨーロッパでは古くから夏至の夜に四つ葉のクローバーを摘むと、

魔除けの力が宿ると言い伝えられてきました。

そのため、結婚式で四つ葉のクローバーを撒くという風習もあります。

もともと、三つ葉自体も「幸運」の象徴で、

3つの葉っぱは「父なる神」「キリスト」「精霊」を表すそうです。

 

しかし、気になるのは「復讐」という花言葉まで存在する理由です。

クローバーのイメージとは大きくかけ離れています。

その意味を紐解くには、まず「私を想って」という花言葉に注目しなくてはなりません。

これは、アメリカで広まっている花言葉です。

一説によると、しろつめ草で作った冠を贈るという行為は、

「私のものになって」という意味があるそうです。

そして、その想いが叶わないと、「復讐」という花言葉に変わるということです。

 

3月3日の誕生花は、他にはモモが有名です。

日本ではこちらのイメージの方が強いようです。



誕生花で花占い♪ 関連記事