アスターは4月22日の誕生花

4月22日の誕生石はコチラ

 

アスターは一重、半八重、八重、ポンポン咲き、

コメット咲きなど多様な種類のある花です。

4月22日の誕生花でもあります。

 

 

放射状に広がった花の形から、

ギリシャ語のアステルから名前がつけられたといわれています。

ドイツでは戯曲、ファウストで恋占いに使われる花として登場しています。

 

花占いで使われるとき、好き、嫌い、と一枚一枚花びらを摘みながら占います。

そこから、アスター全体の花言葉は信ずる心、

思い出、追憶、変化、信ずる恋などになっています。

まずは花占いをしてから、という意味で考えてから、という花言葉もあります。

 

花の色によって花言葉が違ってくるので、

もしも人に贈る場合は花言葉を調べてから贈るようにしておくといいです。

 

4月22日だけではなく、4月の3日、10日、11月28日も

アスターが誕生花として使われています。

 

白い花は私を信じてください、

赤い花は変化を好む、

青い花は貴方を信じているけれど心配、

紫の花は恋の勝利者、

藍色の花は私の愛は貴方の愛よりも強い、

という愛や恋に関係する花言葉ばかりです。

 

日本へ渡来したのは古くて江戸時代頃です。

別名をエゾギクといいます。

もしもアスターを使って花占いをするときには、

好き、からはじめるといいそうです。

花びらが奇数であることからよい結果が得られるからです。

種類によっては花びらがとても多くて占うときには大変なものもあります。

美しく、儚げだけれど艶やかな花は、4月から11月頃まで咲いています。



誕生花で花占い♪ 関連記事