4月4日の誕生花はアネモネ

4月4日の誕生石はコチラ

 

4月4日の誕生花は「アネモネ」です。

 

 

アネモネはキンボウゲ科イチリンソウ属の多年草です。

南ヨーロッパの地中海沿岸原産の花で、

16世紀末には多くの品種がイギリスでも栽培されていた

古い園芸植物です。

 

明治初期の1872年に日本に渡来しました。

和名はボタンイチゲ、ハナイチゲ、ベニバナオキナグサです。

アネモネ属の総称をあらわすこともあります。

高さは20から40センチになり花茎の頂に直径5センチほどになる花を1つつけます。

花弁のようにみえるのは、萼片で6から8枚あります。

 

萼の色は白・ピンク・赤・紫・青などの色があります。

おしべが弁化して八重咲きになったものもあり多くの品種が分化しています。

秋に球根を植えて春に楽しむ秋植え球根として扱われています。

鉢植え・庭植えどちらでも楽しむことができます。

 

アネモネという名前は「風」を意味するギリシャ語から由来しています。

長い毛をもつ種が風に乗って運ばれることからと言われています。

ギリシャ神話にも登場し、美少年アドニスが流した血により

この植物が生まれたとする伝説があります。

 

全草にプロトアネモニンを含み、汁に触れると皮膚炎や

水泡を起こすことがあるので手袋などをして作業しなければいけません。

 

インパクトのある大きな花なのでプレゼントにも適しています。

フラワーアレンジメントや寄せかごに加工されたものもたくさん出回っています。

ですので4月4日の誕生花をプレゼントするのも良いです。



誕生花で花占い♪ 関連記事