4月7日の誕生花はアジアンタム

4月7日の誕生石はコチラ

 

4月7日の誕生花は「アジアンタム」です。

 

 

アジアンタムは中南米、東南アジアなどが原産の

ワラビ科の多年草です。

ホウライシダ属ワラビ科のシダにとても近い植物です。

 

熱帯から温帯にかけて200種類ほどが分布し、日本にも8種類みられます。

葉は柔らかく羽根状の小葉のついた葉柄を立ち上げます。

また柔らかく全体的にも繊細な姿で涼しげなので

観賞用としてとても人気のある植物です。

 

アジアンタムの名前の由来は、ギリシャ語の「Adiantos(濡れない)」からで

葉の表面が水をはじく性質を持つところからつけられました。

乾燥した場所では育てることが難しく、高い湿度を維持しないといけません。

突然葉先から枯れこむことがあり、

それを「アジアンタムブルー」と呼び小説や映画のタイトルになっています。

 

かといって水につけっぱなしだと、根腐れすることもあり

難易度の高い植物になっています。

育てるコツがわかれば、涼しくかわいらしい雰囲気もあり

株分けで増やすこともできるので、ミニ観葉や中鉢・小鉢などにして

年中楽しむことができます。

霧吹きなどで適度に水と湿気を与えるのが良いようです。

 

アジアンタムの花言葉は、「無邪気」「天真爛漫」「繊細」「上機嫌」「無垢」などです。

英名は、「Maidenhair(乙女の髪)」と言い、

軽やかでさわやかな葉の様子から名づけられています。

観賞用として人気が高いのでプレゼントとして贈る方も多いようです。

4月7日の誕生花を大事な人にプレゼントするのも素敵です。



誕生花で花占い♪ 関連記事