ばらが誕生花の5月2日生まれのあなたへ

5月2日の誕生石はコチラ

 

5月2日が誕生花のばらは、花の女王ともいわれ、

原産地は意外にも中近東、東アジアのようです。

 

 

メソポタミアやバビロン宮殿ではバラが栽培されていた記録があるようです。

イギリスが原産のイメージもあるのですが、

ヨーロッパに伝わったのはエルサレム遠征によるんですね。

古代エジプトのクレオパトラがこよなく愛していた話は有名で、

バラの花びらを浮かべた香水風呂に入っていたともいわれています。

 

古代から現在に至るまで、多くの芸術作品の中に象徴的なモチーフといて登場します。

ルネッサンス期の巨匠ボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」にも

愛と美の女神ヴィーナスと一緒に海から誕生したいわれ、描かれています。

 

誰もが知る「ばら」ですが、その歴史は古く、品種改良を繰り返し

「オールドローズ」「モダンローズ」「イングリッシュローズ」などと分かれ、

更に樹形(直立、半直立型、横に枝を伸ばすつる型)も

花型(剣弁咲き、丸弁咲き、盃状咲き、一重、八重)も覚えきれない程です。

 

その種類は2万種もあるようです。

花色も豊富で、愛好家の間では「叶わぬ夢」とされていた

青いバラにも成功し青いバラの花言葉は「夢かなう」です。

姿形ももちろんですが、世の女性たちを癒してくれるその香りの気高さは

他の花には勝てるものはないくらいです。

 

アロマセラピーの世界でも人気が高い香りのひとつ。

女性のホルモンバランスを整える効果があるようで、

アロマキャンドルやアロマポットなど楽しむことができます。

 

花言葉は「愛」「美」などですが、花色によっても言葉が添えられていたりするので、

もらう事も送る事も多いばらですから5月2日に誕生花をいただいたら

調べてみるのも楽しいのではないでしょうか。



誕生花で花占い♪ 関連記事