5月19日の誕生花・もっこうばら

5月19日の誕生石はコチラ

 

誕生花は生まれた日にちちなんだ花のことです。

由来はギリシア・ローマの神話時代にさかのぼります。

花や木々は神秘的な力や髪からのメッセージを宿すものと考えられ、

日々をつかさどる神と花を結び合わせて暦にしたものです。

 

その日の花の決め方は必ずしも一つではないので、

一日つき何種類かの花が誕生花としてあてられています。

(開花時期に合わせた日付やお店に並ぶシーズンに合わせた日付が多いようです。)

 

5月19日の誕生花にもっこうばらがあります。

 

 

もっこうばら(木香茨・木香薔薇)は中国原産のバラです。

常緑つる性低木、枝にとげがないため扱いやすいバラで、

花は白か淡い黄色で、一重咲きと八重咲きがあり、

直径2~3センチメートルの小さな花を咲かせます、

一般的には黄色の八重咲きを指します。

 

開花期は初夏で一期生、黄花の一重や白花には芳香があります。

花の特徴としては強健で病気や害虫にも他のバラと比べると強く、

育てやすい品質ですが、一期咲であること、黄花の八重咲きに芳香がないこと、

白と黄色しか花色がないことなどが短所としてあげられます。

成長も早く小さいが大量に花をつけるため、庭園などでアーチフェンスなどに用いられます。

 

5月19日のその他の誕生花はサツキや芍薬、ブライダルベールなどがあります。

花にはそれぞれが持つ香りや姿から受ける印象などを言葉にした花言葉というものがあります、

誕生花や花言葉をプレゼントの参考にするのもお勧めです。



誕生花で花占い♪ 関連記事