5月29日の誕生花はむらさきつめ草とナデシコ

5月29日の誕生石はコチラ

 

365日すべての日に誕生花というものがあります。

日々を司る神からのメッセージとして、

花と神を結び合わせ、暦となったものが誕生花です。

 

由来はギリシャ時代にさかのぼります。

その頃の花や木には、神秘的な力や神からのメッセージを

宿す者として考えられていました。

神の力を借りた誕生花は、その日生まれた誕生の人の守護神のように守り、

幸福、愛、富などをもたらしてくれると信じられてます。

 

花の決め方として開花時期に合わせた日付や、

お店で見かけるシーズンに合わせた日付が多いようです。

 

例えば、5月29日生まれの人の場合、

「むらさきつめ草」というクローバーの仲間の牧草でになります。

 

 

アカツメ草やレッドクローバーと呼ばれることもあります。

むらさきつめ草は、漢字で書くと紫詰草となります。

むらさきつめ草は、明治時代初期に欧州から渡来したマメ科の外来種です。

名前の由来は花がむらさきであることからむらさき、

つめ草は「詰草」と表記し、江戸時代にオランダから

船でガラス器を箱詰して輸入した時に、同属の仲間の

しろつめ草を乾燥させて隙間につめて、

ガラス器を壊れないようにしたことから「詰草」になったというのが通説です。

 

むらさきつめ草の花言葉は、「快活」「勤勉」「実直」「復讐」となります。

むらさきつめ草が5月29日の誕生花として有名ですが、

もう一つ5月29日の誕生花があると言われています。

その花は「ナデシコ」です。

ナデシコの花言葉は「純愛」です。



誕生花で花占い♪ 関連記事