5月3日の誕生花はたんぽぽ

5月3日の誕生石はコチラ

 

5月3日の誕生花はたんぽぽです。

 

 

英語ではDandelion、

別名にナミタンポポ、アズマタンポポ、カントウタンポポなどがあります。

原産国は日本です。

大きさは15センチから30センチの丈があります。

花の色はほとんどが黄色ですが、白もあるそうです。

葉はロゼット状で根から付いています。

開花期は2月から5月、最盛期は3月から4月、

長くて2月から6月まで見つけることができます。

花は開花してから約一週間楽しむことができます。

野に自生していることが多いのですが、鉢植えや庭の花壇でも楽しむことができます。

 

花言葉は「愛の神託」、「別離」です。

ほかに「まごころの愛」「思わせぶり」などの説もあります。

北欧ではたんぽぽの綿毛を一息に吹き飛ばすことができた子供は

その年新しい服を作ってもらえるといわれているそうです。

綿毛が飛んでいく印象から「別離」という花言葉になったそうです。

 

またドイツでは綿毛が飛んでしまった後の状態から、

「坊主頭(ボーペンブルーメ)」と呼ばれています。

綿毛の飛んだあとは、お坊さんの剃った頭に似ていたのでこの名前がついたようです。

 

5月3日の誕生花であるたんぽぽは

ほかの花が生育しないような土地でも生えていることもある強い花です。

たんぽぽは薬や食料としても使用され、

タンポポコーヒーやタンポポ茶は親しまれてよく飲まれています。

薬効は解熱、発汗、健胃、利尿などがあり、

C型肝炎の症状を抑えるのにも使用されています。



誕生花で花占い♪ 関連記事