6月5日の誕生花はマリーゴールド

6月5日の誕生石はコチラ

 

6月5日の誕生花は、マリーゴールドです。

 

 

 

6月5日の出来事などを・・・

この日に生まれた芸能人は、

壇ふみ・中嶋朋子・アンルイス・波田陽区 etc

 

歴史的な国内の出来事は、新撰組の池田屋襲撃事件。

 

この日は何の日?

環境の日・世界環境デー・熱気球記念日・ろうごの日

 

 

誕生花とは、生まれた月日にちなんだ花のことです。

その由来は国や地域によって諸説分かれているようです。

日本においても、その定義はまちまちだとか。

 

マリーゴールドは、晩春から秋まで、一重や八重の花を咲かす、キク科の春まき一年草です。

花の名は英名のmarigoldからで、聖母マリアの祭日にいつも咲いているところから、

聖母マリアの黄金の花と名づけられたようです。

 

花色は、赤・黄・オレンジ・白・クリーム色があり、

咲き方は、カーネーション咲き・クラウン咲き・菊咲き・フリル咲きなどがあります。

 

マリーゴールド全般の花言葉は「絶望」「嫉妬」「悲しみ」ですが。

これとは別に、「変わらぬ愛」「命の輝き」「友情」「可憐な愛情」「献身」

という花言葉もあります。

色別の花言葉は黄色「健康」オレンジ色「予言」です。

 

 

マリーゴールドの育て方

種から育てる場合、3月上旬~5月上旬・9月~11月上旬。

日当たりが良い場所で、乾燥させすぎないように育てます。

梅雨の長雨は、根腐れを起こすので注意が必要です。

 

切花の場合、花もちは10日前後で、水あげは水切。

茎に広い空洞があり少々折れやすいので、ワイヤー等で補強しておいたほうが良い場合もあるようです。

 

この他、マリーゴールドを誕生花に持つ他の月日は、

4月22日・7月18日・8月24日・9月15日・9月25日・11月7日です。



誕生花で花占い♪ 関連記事