6月7日の誕生花「アマリリス」

6月7日の誕生石はコチラ

 

6月7日の誕生花は「アマリリス」です。

 

 

アマリリスはヒガンバナ科ヒッペアストルム属に分類されています。

原産地はブラジルやペルーを中心とした南米で、

約70種ほど分布している球根植物になります。

アマリリスという名前は、古代ギリシャなどの詩に登場する少年の名前からきているとされています。

 

帯状の葉っぱを球根から直接伸ばし、花の形はろうと状で細くてとがったものや、

幅が広いものなど様々な形があります。

また大きさも小さいのから大きいのまで様々で、色に渡っても

白・青・オレンジなど多種・多彩に渡って咲かせます。

球根は一見玉ねぎの様な形をしており、大きいものだと30センチを超えるものもあります。

 

日本に入ってきたのは江戸時代で、昭和初期から戦後にかけて育種が行われていました。

現在では、大変優れた品種が作られています。

主な開花時期は5月~6月、または7月~8月となっており、

日当たりを好むので春から秋にかけては日当たりのいい場所で育てます。

しかし、強い直射日光は避けるようにします。

冬場に関しては、室内の日当たりのいい場所で育てるのが良いです。

 

アマリリスは歌としても知られていますが、これはフランス民謡になり、

日本でも愛されて歌い続けられている歌です。

アマリリスの花言葉は、「誇り」「輝くばかりの美しさ」などが挙げられます。



誕生花で花占い♪ 関連記事