7月12日の誕生花のリナリア

7月12日の誕生石はコチラ

 

7月12日の花言葉は私の恋に気付いてで、誕生花はリナリアです。

リナリアは金魚草を小さくしたような花で、花の形が金魚の尾に似た形をしているので、

別名姫金魚草といいます。

 

花色がカラフルで小さな花のイメージに合うリナリアは、1つの花で2色に咲き分けるものもあり

ガーデニングで愛用されることが多く、とても人気があります。

4月から5月に、1回から2回小さな花を咲かせます。

花色は、赤紫、青紫、ピンク、白などがあり、草の丈は30cmから60cm程度の大きさです。

 

5月の下旬ごろになると花が終わり始めますが、短く切り戻すと、3週間前後で再び花を咲かせる事が可能です。

植えつけは水はけの良い場所に植える事が大事で、鉢植えの場合は、草花用の培養土を使用する事が大切です。

肥料は、花壇に苗を植える場合は、1平方メートル当たり150gの肥料を土に混ぜます。

鉢植えの場合は、用土1リットル当たり5gの肥料を混ぜて苗を植える事が大事です。

 

水やりの方法は、鉢植えの場合は土の表面が乾いてきたら、水やりをする事が必要になります。

加湿している場所を嫌うので、乾かし気味に管理しましょう。

置き場所や管理場所は、日当たりのよい場所に置いたりきちんと管理する事が大事です。

日当たりのよい場所を好むリナリアは、日当たりの悪い場所で管理すると育ちが悪く、花色も色褪せます。

 

7月12日の誕生花のリナリアは、加湿していない日当たりのよい場所で育てる事がきれいに花を咲かせるポイントとなります。



誕生花で花占い♪ 関連記事