7月19日の誕生花は「とりかぶと」

7月19日の誕生石はコチラ

 

7月19日生まれの方の誕生花として定められているのは、

「とりかぶと」です。

 

「とりかぶと」と言えば、猛毒を持つ植物として有名であり、

7月19日生まれの方にとってはあまり歓迎すべき誕生花ではないかもしれませんが、

実はこの植物が持つ特徴は、それだけではないのです。

 

確かに「とりかぶと」は、天然の毒の中ではフグ毒に次ぐ強さを持っており、

古くから毒殺に用いられて来た歴史があります。

有毒成分は「アコニチン」と呼ばれるもので、解毒剤はありません。

主に根や葉に含まれていますが、(微量ですが花や蜜にも含まれます。)実はこの毒を加工した球根は、

新陳代謝の回復や強心、鎮痛、利尿、冷え性、育毛などに効果を発揮するのです。

つまり、毒と薬は表裏一体なのです。

 

この植物は分類上、キンポウゲ科の多年草になります。

原産国は日本、中国、朝鮮半島などで、日本ではおよそ30種類が自生しています。

(主に日の当たらない湿地などに生息しています。)

 

草丈は30~150cmほどで、花は7~10月頃に咲きます。

花は小さな帽子のような形で、青紫色をしたとてもユニークな形と上品な色合いが

日本情緒を感じさせてくれるものです。

舞楽で演者がかぶる「鳥兜」の由来となった植物でもあります。

見ているだけなら安全なので、園芸植物としても人気があります。

 

花言葉は様々なものがあり、「美しい輝き」「復讐」「後悔」「敵意」

「栄光」「騎士道」「人間嫌い」「あなたは私に死を与えた」などが有名です。



誕生花で花占い♪ 関連記事