7月20日の誕生花はなす

7月20日の誕生石はコチラ

 

誰しも誕生日があるように、一日一日にその日の花が決められています。

それが誕生花です。

 

誕生花は1日につき1つあり、その日頃に開花する花があてはめられているので、

季節感を感じることができます。

7月20日の誕生花は、「なす」です。

アジサイやスイレン、ハイビスカスなど大ぶりで華やかな花が並ぶ7月の誕生花としては、

やや地味な印象を持つ方もおられるかもしれませんが、なすの花は美しい紫色で可愛らしいのが特徴です。

 

なす科の一年草で、花が咲いてからしばらくすると、おなじみの黒紫色の実をつけます。

この紫色にはポリフェノールの一種が含まれているので、老化防止や肌質向上に役立ちます。

バラやひまわりのような華やかさや知名度はありませんが、夏を代表する花の一つです。

 

また、花言葉は「よい語らい」です。

これを知っておけば、家族の誕生日に家族で囲む食卓の中心になすを据えて祝うこともできますね。

それは、実を付けるからこそできる特別なお祝いです。

 

花言葉として決められていることから分かるように、7月20日ころに花を咲かせます。

地域や種まきの時期によっては異なる場合もありますが、大体の目安としてはこの時期です。

けれども、その花を花屋で手に入れることは難しいでしょう。

 

誕生花として飾りたい場合は、農家に相談するか家庭栽培でプランターに植えてみると、

また違った楽しみも増えます。

花だけでなく、女性にうれしい効果のある実が味わえるのも魅力です。



誕生花で花占い♪ 関連記事