8月10日の誕生花は「グロリオサ」です

8月10日の誕生石はコチラ

 

8月10日に生まれた人の誕生花は「グロリオサ」です。

グロリオサはユリ科の植物で、燃えるように鮮やかな色彩の花びらが

ぱっと目を引く可憐な花です。

 

グロリオサとはラテン語で「栄光」や「立派」といった意味の言葉であり、

情熱的な見た目にぴったりの名前と言えます。

炎のように天へと花びらを波打つようにして咲くく華やかな姿は、

1年を通じて楽しむことができます。

 

アフリカの熱帯地域が原産で、日本には明治時代にやってきました。

現在の日本ではアカバナキツネユリやユリグルマとも呼ばれており、

高知県の特産としても知られています。

 

グロリオサの花言葉には、燃える情熱・華麗・おしゃれな心・頑強などがあります。

この花を誕生花に持つ8月10日生まれの人は、芯があって気が強い傾向があります。

おとなしそうに見られがちの人でも、心の中ではしっかりと自分の考えを持っています。

ですから、声を荒げたり先頭に立ったりするタイプではなくても、

周りの空気に流されて行動するようなことはないはずです。

 

また、自立心が強くて常に高い目標を持っています。

ストイックなまでに自分を追い込んで大きな成功を成し遂げます。

そのため、周囲からあこがれのまなざしで見られることも少なくないはずです。

 

企業に勤めるよりも自ら事業をおこして財産を築いていく人が多い傾向もあります。

華やかでアグレッシブなイメージは、まさに燃え盛る炎のようなグロリオサの花そのものと言えます。



誕生花で花占い♪ 関連記事