8月12日の誕生花きょうちくとう

8月12日の誕生石はコチラ

 

8月12日生まれの誕生花はきょうちくとうです。

樹高が4m~5mになるインド原産の常緑樹で、

初夏から夏に甘い香りのする花を沢山つけます。

 

色には白やピンクがあり暑い盛りでもよく花をさかせ、

また大気汚染などにも強いことから都市部の公園などにもよく植えられています。

日本には江戸時代に入ってきました。

 

8月12日の誕生花きょうちくとうの花言葉は

恵まれた人、注意、危険、油断大敵です。

 

恵まれた人と注意、危険では全く別の意味を持っていますが、

これはきょうちくとうの様々な性質からつけられた花言葉です。

 

注意、危険などの花言葉がつけられているのは、

きょうちくとうの花や種茎や葉、根など全てに有毒な物質が含まれているからです。

オレアンドリン、アディネリンなどの毒物が含まれており

口にすると心臓麻痺などを起こす場合があります。

また木を燃やした煙を吸うのも危険です。

しかし薬として使用されることもあり、強心剤や利尿剤として用いられる事もあります。

 

恵まれた人という花言葉は暑さや過酷な環境に負けず

甘い香りの花をつけることからつけられました。

スペインでは高熱に苦しむ娘の回復を母親が聖ヨセフに祈ったところ、

部屋が突然光で満たされ聖ヨセフが現れました。

光が消えた時娘の熱は下がっており、娘の胸の上にはきょうちくとうの花が

残されていたという伝説が残っています。

それ以来スペインでは聖ヨセフの花と呼ばれるようになりました。

8月12日の誕生花は扱いにより美しくも危険にもなる花です。



誕生花で花占い♪ 関連記事