8月14日の誕生花ベルガモット

8月14日の誕生石はコチラ

 

8月14日の誕生花は、ベルガモットで

花言葉は感受性ゆたか、安らぎ、野性的、燃える思いなどが挙げられます。

 

名前の由来にはイタリアで最初に栽培された小都市名のベルガモからだという説と、

トルコ語の「beg armudi(梨の王)」からだとも言われています。

 

また、和名には赤色の花弁が燃えているようにも見えることから

「タイマツバナ」とも呼ばれているようです。

 

8月14日の誕生花のベルガモットは、ミカン科の常緑高木樹の柑橘類で

主な山地はイタリアやモロッコ、チュニジア、ギニアなどがあります。

 

ベルガモットの果実は、11月頃から黄色く熟していき、3月にかけて収穫されています。

果実は主に精油を採取して香料などとして広く使用されています。

またアールグレイなどの紅茶に着香する目的でベルガモットの精油が使用されていると言われています。

花言葉の安らぎは、リラックス効果のある芳香からきているとされています。

 

花の色は赤紫色で真っ赤に咲き誇ることで燃え盛る炎のように見えることから、

身を焦がす恋という花言葉もあるようです。

その他にも燃え続ける想いなどが挙げられます。

 

ベルガモットの花は、表面に光沢があり細長い形をしており先がとがっています。

丸いつぼみの頂点から咲き始めて真ん中から下の方へと先進んでいきます。

5枚の花びらを持ち花の色は、赤紫や赤、ピンク以外にも白などもあります。

リラックス効果があるハーブティーとしても使用されています。



誕生花で花占い♪ 関連記事